女性目線の発想で、家族思いの家を設計・建築しましょう。

家を選ぶなら「女性目線で建てられた家」を選ぼう

家の中の大黒柱はご主人。そのご主人を支えるのが妻である女性。そして、家を支えのも女性です。子供の成長から家族の健康まで、女性が家の中で担う仕事と責任はたくさんあります。専業主婦の方も、仕事を持っておられる兼業主婦の方も、家が女性の活躍の場であることは間違いありません。それならば、活躍の場である家は、女性目線で建てられたものが使いやすいと思いませんか?実際に、今、建築業界では女性スタッフが大活躍し、彼女たちの声が活かされた家が次々に建っています。女性だからこそ気がつくこと、女性だからこそ選んだもの、省いたもの。これまでにはない新し目線で建てられた家には、驚きと発見がたくさんあります。


また、企業側もその考えに賛同し、女性のための家づくりには様々な試みやコラボレーションが展開されており、今や「女性の心をつかまない家」は、支持されなくなっています。もちろん、家のことを手伝ってくれる男性も、昔と比べ大変多くなってきているので、あまり「女性」「女性」というと、いい気持ちではないかもしれませんが、女性目線で建てられた家は、そんな男性にもきっと使いやすさを感じてもらえる納得の仕上がりだと思います。女性目線の家とは、家族のためを思った究極の家でもあるのです。


家を選ぶなら「女性目線で建てられた家」を選ぼう

求められているのは、女性ならではの視点

家に関する知識を持ち、女性目線を活かして素敵な家づくり。

本当の“家主”は女性です!

女性は快適な家を目指す、家族思いの「家主」です。

求められているのは、女性ならではの視点
汚れがつきにくく、お手入れしやすいキッチン
パントリー(食品庫)のない生活は考えられない
適材適所にテキパキ収納
ソフトクロージングのドアで扉の開閉も静かに
明るい吹き抜けと広々ロフトは譲れない
パウダーコーナーには自然光を取り入れよう
バスルームは洗濯ルーム
本当の“家主”は女性です!
お手入れしやすい庭づくり
光触媒タイルで外壁はいつもキレイ
太陽光発電にも大いに関心あり
配管も結構、気になります
もちろん耐震性もしっかりチェックしたい
子供部屋はなくてもいいかもしれない
家の中に自分だけのスペースもほしい
家を選ぶなら「女性目線で建てられた家」を選ぼう求められているのは、女性ならではの視点本当の“家主”は女性です!サイトマップ